スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイドボーイ[第13話]

第13話『宇宙の脅威』


 久遠 翔は屋上へ続く階段を、一段ずつ飛ばしながら大股で駆け上がった。

 また本日も脅迫状のような果たし状のような、いつものメールが届いたからである。

『放課後 旧校舎 屋上ニテ マツ』

 定型文にでも登録しているのか、前回と一文字違わぬ文面に、この前会った時にメールについて注意するのを怠った自分をひどく恨んだ。

 屋上の錆びた扉を開くと、耳障りな金属音と肌を切る冷たい外気に、久遠は顔をしかめた。

 ざっと見たところ、二条院 学の姿はない。
 前回の変死練習事件があるだけに、久遠は警戒した。

 そしてやはり前回同様、古びた貯水槽を回り込んだところで久遠は足を止めた。

 壁にもたれ掛かっている。
 二条院ではなく、ウサギの着ぐるみである。

 遊園地で風船を配っていそうな白いウサギの着ぐるみが、貯水槽の裏側にもたれ、さも久遠が来るのを待つかのように首を傾げて座り込んでいた。

 久遠は辺りを見回して、誰もいない事を確認した。

 そして着ぐるみの傍らに置いてある二条院のカバンに鋭い視線をあてた。

 間違いない。
 着ぐるみの中身は恐らくーー。

 なぜ恋人の行動はこんなにも難解なのか。
 宇宙だ。
 いや、その問題には既に決着がついている。
 二条院を理解しようとすることは、宇宙の謎に挑むも同じ。
 二条院 学、すなわち大宇宙の神秘なのだ。
 うろたえるな。そう自分に言い聞かせ、久遠はウサギに近付いた。

 ウサギの真正面に回り込んで様子を伺うが、微動だにしない。
 わざとらしく咳払いをしてみる。

 しかしやはり、動かない。

 さては前回と同じように寝ているな。

「おい、学。起きろよ……」

 それでも動かないウサギの着ぐるみを久遠はしばし見つめた。

 不気味だ。

 薄汚れて灰色がかった全身。
 笑っているようで、笑っていない瞳。
 脱力した座り方なのに、こうしてみると隙(すき)が無い。

 着ぐるみから少し離れたコンクリートの上には、変死練習事件の名残である赤いインクの跡が広がっていて、不気味さを助長している。

「あのなぁ、いい加減にしろよ」

 いろいろと声をかけてみるが動かない。

 業を煮やして「おい」と着ぐるみの肩に手をかけた時だった。

 ごろぅんっーー。

「いっッ……!?」

 首が落ちた。

 不適に笑うウサギの首が、ごろりんと転がる。

 ピロリンーー。

 固まる久遠の背後で、電子音が響く。

 ゆっくり振り返ると、そこには当然のごとく、大宇宙の神秘が携帯片手にじっとこちらを見つめていた。






【後書き】
いろいろ悩んでたら週が明けてしまったー(*_*)
後書きはそこそこに、今から次話書いてきますm(__)m
まあ今週中には大丈夫だとは思うんですが……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

Re: C様

こんばんは~♪♪

何とか楽しんで貰えてるようで嬉しゅうございます(T-T)ホッ

実はこの作品、スマホからお気軽投稿♪ってのは楽チンで嬉しいんですが、その分細部まで考えないで書き進める事も多くて苦労してます。こんな落とし穴があったとは……。
なので最終的に読者さまに期待して頂いてるほどの、大した展開も無いかもしれない……(T_T)
なんだよくある展開じゃんって怒らないで下さいましー(>_<)

あとはモチベーションですね(^_^;)こんな作者なので、自分でも書いてて面白くないなーと思う事がよくあって、こんな時に人様の小説ブログなんかにお邪魔しちゃうと危うく撃沈してしまうので、注意してます。
でもこうして嬉しいコメント頂いて何とか頑張ってます♪ありがとうございます♪♪

おっと、長くなりました。

またお寄り下さいね~(^o^)/



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: けいったん様

いらっさーま~せ~♪♪けいったん様♪♪

もう本当にどういう方向へいくんだ!二条院。
個人的にはウサギの着ぐるみを着た彼も書いてみたかった気もする(笑)

これに対する久遠の報復を、ちょうど今書いとりますm(__)m
怒るよね……普通。

またお待ちしてます♪♪
(^o^)/


No title

うさぎ ~うさぎ~何見て~跳ねる~♪
オイッテ!(#ーωー)ノ" /(≡ ̄ x  ̄≡)\ …。o 0
でも このうさちゃんは きっと 「みゆゆ」の前でしか跳ねないだろうな(笑)

しかし そこの (#`・ω・´)σ 二条院君ッッ!!!
君は いったい 久遠に 何をしたいのかな?┐(´~`)┌??
恋人とは 何ぞや!?と、もう一度 じっくり 説かなくてはならないようだね。。。

久遠…久遠…久遠ーーー!
まんまと 二条院の悪戯に 引っ掛かっているアンタに 私は 何と言葉を掛ければいいのか…
ヾ(ゝω・`)oc<【。:+* どっきりカメラで~す♡*+:。】...byebye☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪れ人様
覗き人様
現在の閲覧者数:
小説
最新中毒記事
最新コメント
りんく (☆→R指定なし ★→R指定あり)
らんきんぐ↓
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
めーるふぉーむ




検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。