スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転じて吉[第十七話]

第十七話『直接のキス』 


 腕を抱え、時折後ろを振り返る。
 きょろきょろと辺りを警戒しては、視界が移りゆくたび知らない顔と目が合い、貴崎祐は怯えた。
 挙動が不審とは、まさにこれである。

 皆がこちらを見ている気がする。
 白いワンピースを可憐にまとい、さも大人しい天使のような少女ーーに扮した男子高校生を見ている気が。

 近づいてくる人影を感じて、はっと数歩後退ると、背後で切符を買っていた二条院学にどんとぶつかった。

「ッ痛! ふらふらするなッ! 鬱陶しいッ」

 美少女の出で立ちをした二条院は、大物アイドル歌手がかけるようなサングラスの位置を直しながら貴崎の肩を突き飛ばした。

 改札上の時計を見上げ「やばいッ、遅刻だ!」と舌打ちする二条院。強引に腕を引かれて走り出す。
「ちょっ、無理だって! 走れるか! こんなの」
 叫ぶ貴崎を「黙って走れバカ! お前のせいだろ!」と罵り、二条院は階段を駆け上がる。

 フランス人形が履いていそうな光る紺色の靴には、低いながらもヒールというものがある。さらに靴に足を合わせろと言わんばかりに妥協の無い硬質な履き心地。
 腰にリボンが付いたコートは重く、身体が動かし辛い。
『お洒落は忍耐』という二条院の言葉に早くも殺されそうだ。

 長い階段を駆け上がり、待ち合わせ場所である反対側の改札が見えるころには貴崎は恥ずかしさと疲労で倒れそうになっていた。

 貴崎にこんな思いをさせる発端とも言える恋人ーー成宮冬馬にどう文句を言ってやろうか。涙目になるのを堪えながら怒りに震えていたが、いざ冬馬の後姿を視界に捉えると途端に緊張の糸が切れ、何年も会わずに恋焦がれていたかのごとく、恋人を求めふわふわと駆け出していた。

「お、来た来た」
 冬馬の隣に立つ久遠がこちらに気付き軽く手を上げる。
 愛しい顔が振り返る。
 目が合う。
 冬馬は刹那「あ」と漏らしたようだが、魂が奪われたように表情は消え、駆け寄る貴崎をただ眼で追った。

「悪いっ、遅れた!」

 二条院が息を切らし、握っていた貴崎の腕を乱暴に振り払う。久遠はへらへらしながら「俺も今来たとこ。珍しいな、生徒会役員が遅刻かよ」と言った。

 思わず胸に飛び込みたくなるのを我慢して、貴崎は無言で冬馬を見上げ、そっと身を寄せた。
 大人びた幼馴染の私服姿には、毎度気後れしそうになる。

 安心したせいか目頭が熱い。
 恋人はいまだ何かに魅入られた様子でじっと貴崎を見つめていた。
「冬馬……?」
 甘えたいのを隠して、そわそわと上目づかいで呼ぶと、いきなり凄い力で冬馬に抱き締められてしまった。

「ぁ……んん……っ」
 恋人の香りにきつく包まれる。
 頬に触れる柔らかな髪。
 唇にあたる冬馬の首筋に思わず顔をうずめたくなる。
 どうしようもなくーーやはり大好きなのだ。

 冬馬の背中越し、面白くなさそうな二条院の横で久遠がにやにやと笑っていた。

「と、ぉま……ぁ?」

「祐……っ、すッごく……、すッごく、カワイイよ!!」

 ようやく身体を離した恋人は、真正面から貴崎の両肩をがしりと捕まえ、褐色の瞳を輝かせて力強くそう言った。稀に見る最高の笑顔である。

「ああ……、まあ、うん。……ありがと」

 冬馬は二条院を振り返る。
「やっぱり二条院のセンスはスゴいね。祐の魅力をこんなに上手く引き出せるなんて。……このワンピースも祐のイメージにピッタリだし……神秘的な雰囲気が残ってるって言うかさぁ……祐の良さわかってるよね」
 なんだ神秘的ってーー。
 苦労しているのは貴崎なのに、何故か二条院が褒められている。

「当然。俺に不可能は無いからな」
 二条院は得意気に言い、それから「ああ、そうだ」と携帯を取り出した。

「案の定、このバカが変な奴に連れて行かれそうになったから、約束通りボコっておいた。これが証拠だ」
 二条院は携帯画面を冬馬にかざす。

「あ、あれは別に、連れて行かれそうになった訳じゃないだろ! ちょっと話しかけられただけで、お前が一方的に回し蹴り入れたんじゃないか」

「ホント吐き気がするくらい阿呆だなお前は。あんなのは新手のキャッチだ。あんな奴に捕まるから、待ち合わせに遅れたじゃないか!」

 二条院と商店街を歩いて来た際、「ちょっと人探してんだけど」と若い男に声をかけられた。
 貴崎が立ち止まって尋ね人の特徴を聞き、そんな奴は知らないと言うと「学校にもいない? ちなみに君いくつ? どこの学校?」とこちらの事を聞き始めた。挙句もう少し詳しく話しを聞いて欲しいから、一緒に来てと言う。
 困惑した貴崎をよそに、二条院はいきなり男に回し蹴りを食らわし、倒れたところを更に痛めつけた。
 美少女が無言で技を繰り出す光景はなかなか圧巻であったが、貴崎が慌てて止めると二条院は「これくらいは合法だ」と訳の分からないことを言って手を払い、最後に強烈な蹴り技を披露した。

 朦朧とした顔付きの男が仰向けに倒れている写真が、二条院の携帯画面に表示されている。それを覗き込んだ冬馬はやや不満気に「……まあまあかな」と言った。

「ああそうだ、忘れてた。久遠、はいこれ。頼まれてたライブのチケット、全部売れたよ」
 一転爽やかな笑顔に戻った冬馬は、カバンから封筒を取り出し、久遠に差し出した。
「おお、悪いな」
「いいよ。結構有名なんだね。すぐに無くなった」
「そっか? なんか自分のライブチケットとか売るの恥ずかしくてさ。マジ助かった」
 すると二条院もニコニコとして「まいどあり」と可愛く首を傾けた。
 久遠のライブチケットを冬馬が代わりにさばいたと見える。まさかその見返りに自分は女装させられたのではあるまいかと貴崎は目を見張った。

 四人で電車に乗り、待ち合わせした駅から二十分程揺られる。

 人前で堂々と手を繋げるのがこんなに楽しいとは。
 電車の中の人混みで冬馬の腕に身体をぴたりと寄せながら、貴崎は一人恥ずかしさと嬉しさに口元を緩ませうずうずとしていた。

 目的の駅に着き改札を出ると、駅に直結した巨大なショッピングモールの向こうに観覧車が見えた。

「俺等ちょっと寄りたい店あるし、ここで一旦別れるか」
 二条院と手を繋いだ久遠が言う。
「そーだね。また後で遊園地に入ったら連絡するよ」
 やっと別行動だと安堵しかけたところで、二条院が「ああ、そうそう」と思い出したように声をあげた。

「祐。あの遊園地は、入ってすぐ右手の所に迷子センターがあるからな」

「……」
 二条院の意味深な忠告に、貴崎は黙りこくった。

 さかのぼること中学の修学旅行である。
 貴崎には、遊園地で小学生の迷子に間違われて迷子センターの人に連れて行かれたという悲しい過去がある。
 冬馬にバラしたら殺してやろうと思ったが、幸い久遠に手を繋がれた二条院は鎖をされた動物のように大人しく、気色悪いくらい上機嫌だったので、それ以上は何も言わなかった。
 あわや迷子放送が園内に流されるというところで修学旅行委員の二条院が現れ事なきを得た訳だが、二条院に秘密を握られたのはその後の貴崎の不幸に直結した。

 二条院達と別れると、貴崎は冬馬に手を引かれてショッピングモールの入り口まで歩いた。

「祐。どこか行きたい店とかある?」

「そーだなあ……」大きな案内板を見上げていると、後ろに立った冬馬が貴崎の身体のラインをなぞるように脇腹から腰に手を滑らし、さり気なく両手を回した。
 貴崎の頭に頬をあてて冬馬も案内板を眺める。

 背後から抱き締められて少し慌てた貴崎であったが、周囲から見れば男女の恋人同士がイチャついている程度にしか見えないのだからセーフとしよう。

「どこでもいいよ。祐の行きたい所言ってみて。どこがいい? あ、何か食べたい物は? お昼まだだし。
 何でもいいよ、好きなもの奢ってあげるから。祐の好きなお寿司もあるし……ほら、クレープも」
 冬馬の腕に力がこもる。

「何でも好きなもの言ってごらん。
 祐が行きたいとこ、どこでも連れて行ってあげる。欲しい物も全部買ってあげるよ」

 微かに狂信的な声音を感じ、斜め上をちらりと見る。

「冬馬お前……眼が、ヤバイぞ」

 援助交際かよと吐き捨ててから、貴崎は気が遠くなる多さの店名リストを睨みつけた。

「別に、どこでもいいけどな。と、冬馬と……一緒、なら……」

「んー……それじゃあ、ホテル……は?」

 呆れて恋人を見上げると、案外顔が本気である。

「そ、それじゃあ、せっかくこんな格好してきた意味が無いだろ!」

「あ、怒った顔もカワイイっ。写真、写真……祐、こっち向いて」

 人の事は言えないが、冬馬も相当浮かれている。心配になるくらいウキウキだ。

 顔の周りでパシパシ鳴る携帯を無視して、レストラン街の店名リストを睨みつけた。

「まあ、とりあえず昼飯、かな……」




 昼食を済ませて洋食屋を出ると、貴崎は座れる場所を探した。

 専門店街と百貨店を繋ぐ通りには草木や人口河川があり、ちょっとした公園のようになっている。
 川辺のデッキにベンチを見つけ、腰を下ろす。
 背丈ほどある植木に隠れていて人目は殆ど無い。
 貴崎はふうと肩の力を抜いて、両足を伸ばした。

 先程のオムライスはどうも食べた気がしない。勿体無いことをした。
 白いワンピースを汚さないよう気を使うし、育ちの良い少女のように行儀よく少しずつ食べなければならない。いつもみたいに足をぶらぶらさせながら大口開けて頬張るなんて以ての外。
 そうやって神経を尖らせているせいか、周囲からの視線を物凄く感じた。

「疲れた?」

 そう言いながら隣に座った冬馬は、ごく自然に貴崎の背中に腕を回す。
 相変わらずデート中の冬馬の振る舞いには、同じ男として関心する。場数が一桁も二桁も違うのだろう。

「……ちょっと、な」貴崎が力無く言うと、心配そうな顔をして、どこかで休もうかと抱き寄せられる。

 ホテルに行こうと冬馬が言いだす前に、貴崎は少し休めば大丈夫だからと首を横に振った。

「ごめんね、祐。無理矢理こんな、しんどい思いさせて」

「……まあ、もういいけどさ。先に言ってくれれば良かったのに。こういう事になるって……」

「だって、先に言ったら祐、嫌がるかなって思って」

 そりゃそうだ。全力で拒否しただろう。

「まあ……。でも俺だって……冬馬のために出来るだけ、人に自慢出来るような恋人になりたいとは、思ってるし……。冬馬が、カワイイ彼女連れて歩きたいってんなら、俺別に、協力しなくは……」

「祐っ、それは違うよ!
 俺はただ……外でも祐と手繋いだり、身体に触れたりしたかっただけで……。
 祐もそんな風に出来たら嬉しいんじゃないかなって。だって祐、学校でも周りの眼ばっかり気にして疲れてるみたいだったから……」
 冬馬は顔を伏せた。
「それに本当は、周りばっかり見てないで、もっと……なんていうか……俺のこと、見て欲しいなと、思って……ごめん」

「そ、そっか……。別に謝ることないだろ! 俺だって、こうして外で手繋いだり出来んのは嬉しい訳だし。
 でも安心した。やっぱ冬馬は可愛い女子の方が好きなのかなって、ちょっと不安になったから」

 そんな訳ないよと、冬馬は少し寂しそうに呟いた。
「俺は祐しか見てないのに……。
 ホントは祐が隣にいてくれるなら、男の格好でも女の格好でも、どっちでもいいんだ。
 あ、もちろん今日の格好は凄く可愛いけど……!!
 でも祐は、裸が……っ袴姿が、一番素敵だよ」

 僅かに頬を染めて微笑む幼馴染に、貴崎も嬉しくなって笑った。

「よしっ」と元気よく立ち上がる。

 人目が無いことを確認して冬馬に向き直り、意を決してスカートに両手をあて言った。

「ジャジャンっ! では問題です! こ、このスカートの中は何を履いているでしょうか!」
 大きく息を吸い込む。
「1番、いつものパンツ。2番、毛糸のパンツ。3番、体育の短パン。4番、えっと……その他。さてどれでしょう。ヒントは、寒い季節には欠かせないものです」

「え、えっ! なに!?」冬馬は慌てて考え始めた。

「えーと……。んー……何も履いてないって選択肢は、無いの、かな……? あ、4番?」

「……。ヒントは、寒い季節には欠かせないものです」

「じゃ、じゃあ……4番のその他でーー。白いレースでーー透けたぁ……」

「はい、タイムアウトです。残念でした。
 お前せっかくのヒント聞いてんのかよ。
 正解はぁーージャージャン、ジャージャン、ジャジャジャジャーー……」

 レースのプリーツをぎゅっと握りしめる。

 意を決して両手を持ち上げようとしたが、スカートの裾から冷気が入り込んで、太腿で途切れたニーハイソックスから上がすうすうとする。
 恥ずかしさに下唇を噛む。顔が熱い。
 手が震える。

「……ッ! やっぱダメだ……っ。ムリムリ、絶対ムリ! 全然感じ出ねえし」

 からかい半分に二条院がやって見せてくれた時には、もっと色気のようなものがあって、体育の短パンを履くのを見ていたにも関わらず貴崎はドキドキしたのだが。
 なぜ貴崎が再現すると幼稚園児のお遊戯っぽくなってしまうのだろう。

「エッ! ちょ……ッ、終わり!? え、嘘っ、嘘だよね!?祐ッ?」

「冬馬、クレープ行こうぜ。クレープ」

 バカらしさを痛感した貴崎は、動揺する冬馬を引っ張り歩き出した。

 しばらく歩き、フードコートのクレープ屋に着くと、依然として納得出来ない顔の冬馬はホットコーヒーを頼んだ。

 貴崎はクレープを一つ買い、テーブル席につく。

 クレープの苺を長いスプーンですくって冬馬の口元に差し出すと、冬馬は一瞬驚き、ふうと諦めたように微笑んでから口を開けた。

 その光景があまりにも格好良く出来過ぎていて、何となくドラマの一場面みたいだと思いながら、貴崎はクリームをすくってちびちびと舐めた。

 冬馬は肘を付き、愛おしそうに貴崎を眺め微笑んでいる。

「間接キス、だね」

 ぼんやりとした口調で冬馬が言う。

「んん……まあ、な」と貴崎が返すと、冬馬は何も言わずにコーヒーに口を付けた。

「え……別に、いいだろ。それ以上のことも、いろいろ、やってんだし……」
 視線を反らせて貴崎はぼそりと言う。語尾は消えた。

「いろいろーーって?」

「え?」

「間接キス以上の、いろいろってーーどんなこと?」
 カップを置き、幼馴染は穏やかに問う。

「そっ、それは……。直接の、キスとかーー」
「キス、だけ?」
「は?」
「俺達って、キスだけの関係だっけ」
 ふと冬馬の顔から微笑みが消える。

「そんなの……言わなくても分かってるだろ!?」
 貴崎が口を尖らせると、肘を付いた冬馬はのほほんとコーヒーを掻き混ぜた。

「具体的に祐の口から聞かないと安心出来ないなぁ。祐ホントは何にも覚えてないんじゃないの?」
「そんな訳あるかよ!」
 あんな事しといてーー。
「じゃあ聞かせてよ」
 冬馬は余裕の笑みを湛え、足を組み替えた。

「だ、だから……冬馬の部屋で……」
「俺の部屋で? 俺の部屋で、俺とどんなことしたの?」

 その手には乗るか。
 貴崎はしばらくスプーンを噛み噛み、黙り込む。

 冬馬は暇を持て余すように、スプーンでコーヒーをすくい取った。そして独り言のように小さな声で呟いた。

「祐は子供だもんねぇ。
 また迷子センターの人に連れて行かれないか心配だなぁ」

 あのクソメガネーー。
 二条院への報復を心に誓う。

 何も言わない貴崎に退屈したのか、冬馬は肘を付いて横目でどこか遠くを眺めている。
 冬馬の目線を追って振り返ると、その先は斜め後ろのテーブルにつく若いカップルであったが、長い手足と肩を露出した女の方がちらちらと冬馬を見ている。

 貴崎はもう一度冬馬を睨みつけた。
 それからスプーンを唇にトントンあてて考え、小さくコホンと咳払いをした。

「と、とぉまと、……た」

「ん?」

「と、とぉまと、……した」

「え、なに?」

「とぉまと、えっち……した」

 うぐぅっと羞恥心を噛み殺す。

「へえ、そうなんだ」
 冬馬が目を細める。それから両腕を前に出して伸びをし、顔を傾け挑発するように囁いた。

「また、しちゃう……?」

 動きを止めていた貴崎は、ぎゅっと唇を噛んだまま小さくこくりと頷いた。

「また、したい。とぉまと……えっち、いっぱい……」
 声がかすれる。

「はい、よく言えました」

 幼馴染は満足気に笑った。

「さっきのお返し。あと一応、確認」
 流し目でそう言って立ち上がる恋人をこれでもかと睨めつけ、貴崎はクレープに食らいついた。

「さっきの、『いっぱい』ってのは良かったね」

 席に戻り貴崎をからかう冬馬をフンと無視して、クレープの包み紙を握り潰す。

 恋人が持って来てくれた水を飲み干し、席を立つ。
 冬馬も立ち上がると、貴崎の顔を覗き込んだ。

「祐、クリーム付いてる」

 貴崎の唇を舐め取り、ちゅっと口付けをして「ご褒美の直接キス」と言って冬馬の唇が離れて行く。

 日曜の午後。
 視界に入るだけでも多くの人で賑わっていた。
 無数の目線を感じ、貴崎はトレーを持ったまましばらく動けずにいた。

 唯でさえ熱かった頬が、更に火照る。




 それから手を繋いで専門店街をぶらぶらと歩いた。
 時々店に入って服や靴を見る。
 アクセサリーショップでは、何となくペアリングをはめてみたりする。
 貴崎が思い描いていたデートというやつだ。

 ショッピングモールから出て、歩いて10分程の遊園地に入ったのは結局二時過ぎだった。

 いつの間にか貴崎は自分から冬馬の手に指を絡ませ、腕に纏わりついて甘えている。
 イチャつけばイチャつくほど頭がぼうっとして心地良いのだ。

 冬馬の隣を歩くにふさわしい恋人ーーあくまで冬馬のためにと頑張った女装であるが、これはマズい。癖になるかもしれないと貴崎は危惧した。
 容姿に優れた恋人のせいか、痛いほど人々の視線に晒される。最初はそれが苦痛であったが、だんだんと気が膨れ上がる。
 もっと見て見てと内心はしゃぐ自分がいる。
 こんなに格好いい恋人がいるのだと、もっともっと自慢したい。「マジイケメンじゃん」と囁く巷の声にニヤニヤしたい自分が、確かにいるのだ。

 マップを見ながら園内を廻る。
 絶叫系の乗り物は苦手なので、それ以外のアトラクションを探して乗るが、人気のあるものは列が出来ていて待ち時間が発生する。
 今までは待つ事が苦手なお子様貴崎であった訳だが、つい先日大人になった暁として、遊園地の楽しみはこの待ち時間にある事を知った。
 前後を人に阻まれ身動きが取れない中で、甘く持て余す恋人同士の時間。無意味なしりとりを始める小学生のガキ共を貴崎は嘲笑った。

 園内には有名な幽霊屋敷があり、試しに入ってみたのだが、これが驚く程怖くなかった。そもそも貴崎は一度死んで幽霊になった身だ。
 冬馬も同じような感想だったのか、少し残念そうにしていた。

 気が付けば冬の陽射しは早々に傾き、空が染まり始めている。

 冬馬が二条院達に連絡をとると、ちょうど近くにいたので観覧車で落ち合うことになった。

 珍しくテンションの高い二条院。それに比べ、久遠は少し疲れているように見える。
 話によれば、絶叫マシーンが大好きな二条院に付き合い、遊園地に入ってから絶叫アトラクションの連続なのだという。そのうち久遠が過労死するのではないかと、貴崎は行く末を案じた。

 観覧車に乗る事になり、二人ずつゴンドラに乗り込む。

 最近の観覧車は冷暖房完備で、冬でもゴンドラの中は暖かい。貴崎の自室より快適な環境だ。

 入ってすぐに「コート脱げば?」と冬馬に言われ、重たいコートを脱いでたたむ。慣れない女装などしているせいで足と肩はガチガチだ。

「祐、こっち来なよ」

 手を引かれて冬馬の脚の間に座る。
 ゆっくりと沈む景色をバックに二人の写真を撮っていると、辺りはどんどん夕日色に染まっていく。

 後ろから包み込まれるように抱かれ、冬馬の肩にそっと頭を預ける。
 途中後ろのゴンドラを振り返ると、二条院は久遠の隣に腰を下ろし、二人でこちらに背を向けていた。一安心。
 前のゴンドラには誰も乗っていないので、人に見られる心配は無さそうだ。

「今日はありがと。俺のために無理してくれて」

 冬馬が優しく言う。
 貴崎の顔に手をやり、そっと上を向かせた。

 自然と唇が重なり合う。

 冬馬の体温に身体の力が抜けていく。
 ゆるくゆるく押しあてられるサラサラの唇が、気持ち良くて仕方ない。

 太ももの辺りがくすぐったいことに気が付いて顔を離すと、冬馬の長い綺麗な指が貴崎のニーハイソックスの縁をなぞっていた。
 悪戯な指はそのまま内ももを滑るように伝い、スカートの裾に忍び寄る。

 冬馬の手をやんわり押さえようとしたら、逆に冬馬の手が優しく重なってきて貴崎の手が捕まってしまった。

 幼馴染が囁くと、首に吐息を感じる。

「ねえ、スカートの中、見せて」

 その声は、ずるい。

 観覧車はゆっくりと高みを目指す。








【後書き】遅くなりました(*_*;いつもですが。
本当はデート丸一日を一話分の展開で考えていたので、こんなとこで切るなんてすごく消化不良……。ただのダラダラとしたデート風景になってしまいましたm(_ _;)m
しかし……デート丸一日を書き切ってしまうと一万五千文字は軽く突破しそうなのと、一応一ヶ月くらいをめどに更新したいという思いで、仕方なく分割。

それに明日から4月! 新しい教室、新しい職場、いろいろ不安もありましょうが、一瞬でも現実逃避のお力になれると幸いです(^^ゞ

そういう私も、新作の内容が少しまとまってきたり、古い作品を手直ししなきゃいけないのに恥ずかし過ぎて読めなかったり、祐と冬馬の書ききれなかったエピソードをSSにしようかなとか……いろんな考えが浮かんでは消え……春だな( ´∀`)


 
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説 - ジャンル : 小説・文学

転じて吉[第十六話]

今回も1万字超の長文となっております。
ムーンライトへは2回に分けて投稿させて頂きます。



『試練迫る』


「あ、そういえば昨日ーー」

 透明感のある爽やかな褐色の瞳が突如こちらを振り向いたので、貴崎 祐は慌ててトレーの上のジュースを掴み取った。

「祐の補習が終わるの待ってる間にね、野木と旧校舎に行ったんだ」

 柔らかな声にふわりと包み込まれる。
 ガラス越しに広がる商店街の人混みに視線を落として、貴崎はカウンターテーブルに肘をついた。

 灰色の雲を鋭く切り裂くオレンジ色が今にも燃え尽きようとしている。夜は近い。

「マラソン大会で使うテントを確認するとかでさ……ほら野木って体育委員だろ? それでね、旧校舎に行ったら、向こうの入り口で、久遠に会ったんだ」

「……久遠? うちのクラスの?」

 そうそうあの金髪にピアスのーーそう言って、慣れた手付きでハンバーガーの包みをめくる。
 西洋彫刻のように整った綺麗な顔が、迷い無くひと口目にがぶりと喰らいつくのを横目にして、貴崎の心臓は大きく一つ高鳴った。

 恋人同士であり、自分が相手に相当溺れているというのを差し引いて見ても、隣に座る奴はずるいほど魅力的である。

 当の本人ーー成宮冬馬は素知らぬ様子だ。

「でねーー」と冬馬が話しを続けようとした矢先、背後できゃきゃと笑い声がした。

 冬馬が振り返る。
 パーマがかった柔らかな茶髪がふわりと揺れる。

 半分異国の血をひく冬馬にとって、透き通るような褐色の髪と瞳は紛れもない純正色である。ここに、校則を犯してまで髪を脱色し、カラコンを装着して足掻(あが)く他学生共を寄せ付けない成宮冬馬という圧倒的な格の違いがある。
 その上容姿に優れ勉強もスポーツも出来て優しいとなれば、モテて当然。大規模なファンクラブが存在しても誰も文句は言うまい。

 かくして貴崎 祐は、会員未知数と囁かれる成宮冬馬非公認ファンクラブを敵に回した訳である。

 貴崎がやや怯えながら振り返ると、階段を上がった場所に立っている数人の女子高生と目があった。顔は知らないが同じ高校の制服を着ている。

 貴崎はさり気なくトレーと椅子を引いて、冬馬との距離をとる。
 カウンターテーブルの下、密かに貴崎の手の甲に重なろうとしていた冬馬の手をさり気なく遠ざけると、幼馴染は一瞬眉をひそめて不満そうな顔をした。

 複雑な気分である。
 別にやましい事はしていないのに、まるで不倫相手と密会しているかのように怯え、挙動不審になる。

 目下、商店街を歩いていく恋人達が恨めしい。
 肩が触れ合う距離。手を繋ぎ、指を絡ませ、甘えた笑顔で言葉を交わす。
 人前で堂々とあんな風に出来ればーーやはり楽しいものなのだろう。

 溜息を一つ。ちらりと目線を流せば、幼馴染の長い指がポテトを一本掴み取る。
 美しく切り揃えられた爪。
 軽やかな音楽に似た声でクラスメイトの話をしている。

 ああ、あの指がーー。
 あの声。
 あの唇。

 あの身体、がーー。

 あ、ヤバいと眼をそらす。
 身体の奥がじんじんと熱をもつ。
 記憶がこぽこぽと溢れ出してきて止まらなくなる。

 初めての夜。

 いけないと分かっているのに、あの時の冬馬の視線を思い出してしまう。
 僅かに呼吸が乱れる。肌が震える。

 月明かりの中でこちらを見下ろす、あの眼。
 全てを捧げずにはいられない、あの視線。
 あれからは逃れられない。

 宝石に触れるような手付き。端整な指が肌の隅々までたどっていくのを思い返す。

 切な気な声に呼ばれ、幾度となく好きだと囁かれて求められる。沼に引きずり込まれるようにして心と身体がぐちゃぐちゃになっていく。
 深く絡み合い、濡れた一つの生き物になっていく。

 途中意識は飛んだが、確かに覚えている。
 全身が浮くほど打ち付けられて求められた事。

 冬馬の激しい息づかいが耳鳴りのようによみがえって、首元が過敏になるのを貴崎は感じた。
 狂ったように貪(むさぼ)られた上、最後は身体の中心に注がれて溢れるくらいに満たされてしまった。

 あの時は快楽よりも初めて人を受け入れる圧迫感が先行したように感じたが、思い出すだけで喉が渇き肌が干上がっていくのはどういうことだろう。

 まさかーーもう欲している。

 次の日は結局部活を休み、一日冬馬の部屋でゆるゆると過ごしてしまった。
 二人の温もりを閉じ込めたベッド。
 心地良い幼馴染の肌。
 子猫がじゃれ合うように一日中イチャついていた。
 事あるごとに貴崎の身体を心配する冬馬を思い出して、顔面が緩む。

 気が付くとまた幼馴染の香りの中で息をしている。
 あれからずっと、貴崎は抜け出せずにいる。
 あの夜に酔っている。

「で、その新しい彼女っていうのがーー。……祐? ね、祐? 聞いてる?」

 呼ばれて貴崎は我に返った。

「……ッ? あっ、ごめ……何……?」

「いや……久遠の新しい彼女がねーー」と言いかけた冬馬は、貴崎の顔を見て「祐……何考えてたの? 顔、真っ赤だよ」とからかう様に言った。
 頬がちりちりと鳴る。

「べ、別に……なんも……。あ、冬馬いいのか? 時間」

 話を挿げ替えると、冬馬は携帯の時計を確認して、やばいと呟いた。
「もうこんな時間だ」とハンバーガーの包み紙を丸め、急いでジュースを流し込む。

 それから恐る恐る貴崎の顔を覗きこむようにして、声をひそめた。
「あのね、祐。明日遊びに出掛ける話だけど、もし……祐が嫌じゃなければなんだけど……久遠が一緒でもいい?」

「久遠、と?」

「うん、久遠と……あともう一人。あ、嫌ならいいけどさ。でも遊園地に入ったら自由行動にするし……たまには友達とみんなで遊ぶのもどうかなって……」

 戸惑う貴崎を見て、冬馬はやっぱりという顔をした。
 友達とみんなでわいわい遊ぶ。貴崎が苦手な事の一つである。

「無理にとは、言わないけど……」
「いや、別に…いい、けど……」

 貴崎だって恋人を気づかうくらいの事は出来る。
 大切な恋人が望むのだから、嫌だとわがままを言う訳にもいかない。
 ただやはり、冬馬が望んでいるのは明るくて社交的な、誰にでも好かれる恋人なのだと痛感した。
 当然である。
 周りから好かれ、羨ましがられる恋人を嫌がる人間がいるものか。
 そういう意味で成宮冬馬は恋人として完璧である。
 それに比べ貴崎といえばーー。

 冬馬はホッとした顔で立ち上がり、カバンを肩にかけた。
「よかった……。じゃあ俺は朝練終わったら直接駅に行くから、祐は久遠達と先に待ち合わせて一緒に来てくれる?」

「えっ、あの……」

「なに?」

「久遠と、もう一人って……久遠の彼女?」

 貴崎が聞くと、まあねと煮え切らない答えが返ってきた。

「あ、これ待ち合わせ場所」
 小さな紙切れを渡された。

「これ……久遠の家?」

「うん、まあそんな感じ。10時に祐が行くって伝えとくから」

「10時ッ?」

「う、うん。ちょっと早いけど」

「いや、早過ぎね? だって駅で待ち合わすの昼前だろ?」

「ま……行けば分かるよ」と冬馬は言葉を濁した。

 貴崎が聞き返しても視線を合わせようとせず、「あっ! もう夜練行かなきゃ……」とわざとらしく言う。

 冬馬が貴崎に向き直る。
「ごめんね、送って帰れなくて」

 そっと前髪を撫でられ、貴崎は辺りを警戒した。

「いいよ、別に…」
「分かってると思うけど……知らない人に付いて行っちゃダメだよ」
「小学生かよ」
「あ、家着いたらメールして」
「わかってる……」
 貴崎が一人で下校する度にこのやり取りである。

「心配だな……。祐、最近ぼうっとしてるし」
 冬馬は呟きながら椅子を戻し、トレーを手に取る。

「じゃ、明日。待ってるから」と微笑む。

「うん」

 急に冬馬の顔が迫ってきたので、、キスをされるのかと貴崎は身構えた。

「あんまり、エッチな事ばかり思い出してちゃダメだよ」

 そう耳元で囁き、ちゅっと音をたて耳の下にキスをして去って行った。

 キスされた場所を手で押さえながら慌てて店内を見回す。
 幸い誰もこちらを見ていない。

 一階へ下りる階段の前で冬馬が立ち止まり、こちらに軽く手を振った。
 爽やかな笑顔に見惚れて、貴崎もふわふわと手を振った。
 どうにも重症である。




 次の日。
 俄然気分が乗らない朝10時。

 冬馬に渡されたメモ書きを見ながら、貴崎はとぼとぼと行く。

 紙に記された簡単な地図を何度も覗き込む。
 目的地は貴崎が通う高校からすぐ近くの場所だ。

 踏切を渡って2個目の角を右。

 初めての景色にしては見覚えがあるような、ふと思ってよく考えてみると、そういえばこの辺りにはアイツの家があったなと腐れ縁を一つ思い出した。
 家の使いを頼まれて、よくこの道を歩いたものだ。

 角を曲がって3つ目、グレーの壁の家。

 書かれた通りに行くと、薄いグレーの外壁が見えてきた。

 不幸にもこの通りはアイツの家の並びではないかとびくびくしながら目的の家に近付くと、驚いた事に目的地であるグレーの壁の家は、まさにソイツの家であった。

 貴崎は立ち止まり2階建ての家を見上げた。
 そして再度、表札を確認した。

『二条院』とある。

 新しい家が立ち並ぶ近頃では知らない者も多いだろうが、 二条院家といえばこの辺りでは一二を争う名家である。
 確か二条院流なぎなた術とやらの家元でもあった。
 ここから少し離れた山のふもとにだだっ広い本家があり、このグレーの壁の家は言わば離れのような物だ。

 古くから家系が続く旧家となれば、当然その土地の神社との結び付きも強い。
 早い話が氏子ーー貴崎の実家、貴崎神社のお得意様なのである。
 更に貴崎家と二条院家は親同士が同級生ということもあり、家族ぐるみのお付き合いだ。

 ただ、一つ目の不幸として、この二条院家にはアイツーー二条院 学(にじょういん まなぶ)という厄介な奴がいる。
「俺様メガネ」という通り名を持つ、血も涙もない悪人で、人の心の傷口に指を突っ込みえぐり尽くすのを趣味にしているような、とにかく嫌な奴なのだ。
 貴崎よりも背が低い癖に、徹底した上から目線で貴崎を馬鹿にしてくる。
 勉強もスポーツも得意だが、恐ろしい程の不器用さで、それをからかうとキレだすのでまた面倒臭い。

 年に数回、神社の行事ごとで顔を合わせるたびに貴崎に災難をもたらす。

 二つ目の不幸は、今現在なぜかその二条院学と同じ高校・同じクラスに通い、毎日のように顔を合わせなければいけない事。
 案の定、生徒会役員と学級委員に名乗りをあげてヤリタイ放題。期待を裏切らない独裁主義を貫き、我がクラスを手中に収めている。あれが次期生徒会長候補というから世も末である。

 三つ目の不幸。いつの間にか二条院学に背が追い抜かれている事。これが貴崎としては一番辛い。

 まさかこの紙切れ一枚で悪魔のもとに導かれようとは、いったいあの恋人はどういうつもりだろう。

 目的地はてっきり久遠の家と信じて疑わなかったが、そうではなかったらしい。
 念のため周囲にグレーの壁の家が無いか、久遠と書かれた表札が無いか歩いて探し回ったが、残念ながらそれらしい家は他に無い。

 もう一度、ヤツの家を見上げる。
 邪悪だーー。
 今にも玄関からアイツがひょっこり出て来そうな気がして寒気がする。

 うん、そうかそうか、なるほどーー。

 貴崎は一人腕組みをして目の前の事実を寛大に受け入れた後、速やかに踵を返した。

 いくら冬馬の頼みとはいえ、二条院学と一緒に遊園地に行くというのは遊園地側にも迷惑がかかる気がする。

「久遠ともう一人」と冬馬が言うから、久遠の新しい彼女かと思っていたが、まさかあの俺様メガネとは。
 久遠と二条院。驚愕の組合せだ。

 久遠は、金髪にピアスだらけの背の高いクラスメイトで、いつもダルそうにしていて一見チャラそうだが、話してみると案外いい奴である。少し前までは貴崎と同様、遅刻欠席の常連だった。趣味でやっているバンドのドラムはかなりの腕前という。
 外見、性格、趣味、どれをとっても二条院との共通点など皆無で、むしろ対極に位置する二人とも思えるのだが、案外そういう奴等が友達同士になるのだろうか。
 友達作りが苦手な貴崎にはよく分からない。

 しかしどうしたものか。
 貴崎は暗い面持ちでコンビニの自動ドアをくぐった。
 そして今からどうするべきかを真剣に悩みつつ、今週号のマンガ雑誌を手にとった。

 ちょうど気になる連載にざっと目を通し、しっかり読み込むための二周目に入ろうとした時だ。
 自動ドアが開くと同時に、隣で立ち読みをしていたサラリーマンがそちらを見て動かなくなったので、貴崎もつられて顔を上げた。

 ちらりと見るつもりが、二度見して目が離せなくなった。

 こんな町にも芸能人がいるのか。
 貴崎は目を見張った。

 男物のコートを肩に羽織り、寒そうに両腕を抱きながら不安そうな表情で店内を見回す。
 コートの隙間から覗く、白くて長い手足。
 栗色のストレートがさらさらとなびく。
 アニメから抜け出してきたような可憐な作りの顔。遠目にもわかる長いまつ毛。外の寒さのせいか頬が紅い。

 名前も顔も知らないが、名のあるアイドルに違いないと貴崎は確信した。
 もうなんというか、オーラが違う。

 次の瞬間、その美少女と視線ががっちり噛みあった。
 キッと睨みつけられた気がして、慌ててマンガ雑誌に目線を戻す。

 かつんかつんと高いヒールの音が近付いて来る。
 それは貴崎の真横まで来てーーそして止まった。

 恐る恐る顔を上げると、美少女が腕を組みこちらを見下すように睨んでいた。

「なにをしている」

 名も知らぬアイドルは目を細めて静かにそう言った。

 唖然とした貴崎の返事を待たず、少女は貴崎の腕をむんずと掴み、凄い力でコンビニの外まで連れ出した。

 コンビニを出てからも貴崎の腕を引っ張り、少女は無言のまま道を歩いて行った。
 恐らく人違いか何かだろうが、美少女にいきなり声をかけられ連れて行かれる機会はそうそう無い。

「あ、あのっ……!」
 何度か呼びかけたが少女は無言で歩いて行く。

 少女に引きずられるように歩いていると、ちょうど向こう側から見覚えのある顔がポケットに手を突っ込み気怠そうに歩いて来た。

 くすみの無い金髪。鈍く光るピアス。

 向こうもこちらに気付いたらしく、軽く右手を上げて「よお」と呑気に言った。

「久遠!」と貴崎が発する前に、きつく握られていた腕を唐突に離されてバランスを崩す。よろめく。
 美少女は貴崎を邪険に振り払うと「翔っ」と可愛い声を出して久遠の方へ駆け寄った。先程までとは比べ物にならない程の可愛いらしい笑顔で、いかにも嬉しそうである。

 もしかして、久遠の彼女……なのかーー?

 腕をさすりながら貴崎は二人を眺める。

「もう着替えたのかよ、はえーな。お、貴崎も来たか」
 久遠は少女の格好を見てから、後ろに立つ貴崎に顔を向けた。
 すると少女も貴崎を振り返り、言った。

「ああ、こいつはそこのコンビニで拾って来た」

 人を空き缶のように言って、つんとした表情で久遠に向き直る。
 見た目はアイドルたが、なかなか癖の強そうな人物だ。

「あと、こ、これは、出掛ける時の服とは、また別だから……」

 少女がプリーツを押さえて恥ずかしそうに言う。
 久遠が「へぇ、カワイイのに」と返すと、少女は頬を紅くして俯き「うん、まあ……そーなんだけど……」と消えるような声で言った。
 こんなツンデレ振りを見せつけられる義理は無いと、貴崎は早々に帰りたくなった。

「ま、とりあえず寒いし部屋上がってもいいか? マナブ」
「そうだな」と微笑む少女。

 マナブーー女にしては珍しい名前だ。そう思いながら少女が入ろうとする家を見上げて貴崎は足を止めた。

 あのグレーの壁の家である。

 マナブーー?
 学ーー?
 二条院ーー学ーー?

 貴崎はハッとして少女を凝視した。

 背中がぞくりとする。嫌な汗が出る。

「ま、まなぶ……ッ!?」

「なんだお前、気付いてなかったのか」

 貴崎は「うわぁッッ!」と声をあげて仰け反り、後退った。

 愛らしい顔、長い手足に艶やかな髪。
 アイドルのような美少女の正体ーーそれはあの二条院学であった。

「へ……変態……っ!!」
 貴崎は真横にいた久遠の背中に隠れてわなわなとしながら、例の美少女ーー女装した二条院学を覗き見た。

 確かに身長はあれくらいだし、少女の声だと思っていたのもよく聞けば二条院の声に違いない。
 二条院は日頃分厚いレンズの眼鏡をかけている。眼鏡を外した素顔を見たのは随分と小さい頃なので、どんな顔だったか覚えていない。だから目の前の少女が二条院学と同じ顔をしているかどうか、それは正直貴崎には分からなかった。

 久遠の腕に隠れてじっと変態を観察していると、二条院がコワイ顔をして向かって来た。

「翔に、べたべた触るなッッ!!」
 そう言って貴崎に掴みかかると、少女は片脚を天高く振り上げた。

 二条院学の得意技。踵落としだ。

 貴崎は長年の功でそれをかわした。
 そしてこの無駄のない身のこなし。やはり目の前の美少女は二条院学なのだと確信した。

「おいこら。ケンカすんなー」
 久遠は教師みたく言って、二条院と貴崎の頭に手を乗せポンポンとする。

 家に上がり部屋に通されると、二条院は何かを取りにすぐ部屋を出て言った。

 久遠と二人きりになったところで話を聞けば、何を隠そう久遠と二条院は付き合っていると言うではないか。
 それで先程貴崎が久遠に触れた時にぎゃあぎゃあとうるさかった訳だ。

 何が辛くてあんな性悪で女装する変態メガネの人と付き合うはめになったのかと聞けば、久遠は少々言い辛そうに「……ちょっといろいろあってな」と言って、へらへらと笑った。

 笑い事ではないだろうと思ったが、ふぅんと貴崎は返した。
 金髪にピアスという出で立ちの久遠が、ついこの間急に黒髪に眼鏡をかけて登校した騒ぎがあったから、その事に関係するのかもしれない。

「付き合ってるっつーのも、まあ俺は一応そのつもりなんだけどさ……正直、向こうがどう思ってるかは……微妙だな」
「なんだよそれ」
「ちゃんと恋人同士になろうって話し合った訳じゃねえし。まあでも、2人で出掛けたり、手繋いだりはする」
 少し照れながら嬉しそうに話す久遠を見て、本当に二条院のことが好きなのだろうと察しがついた。なんだか気の毒である。

 ちょうどそこへ二条院が戻って来た。
 部屋に入ってくるなり、「どうだ、これ?」と誇らしげな顔で二人の前にワンピースをかざした。

 七分袖の白いワンピース。全体が薄いレースに覆われているが、バレリーナのような華やかさは無く、どちらかというと大人しく落ち着いた雰囲気に見える。
 チュニックがどうとかフレアがどうとか二条院の説明はさっぱりだが、ふわふわしていて上品な服というのが貴崎の印象だ。

「おっ、いいんじゃね?」と久遠が言ったので、貴崎も「まあ、うん……」と適当に答えた。

 すると二条院は「よし」と頷いてから、ワンピースを貴崎に放り投げた。

「じゃあ、さっさと着替えて来い」

 貴崎はベッドに腰をかけて口を開けたまま、ひとしきり二条院を見上げた。

「は?」

 やっとの思いで声を出すと、二条院も「は?」と怪訝に言った。

 それからしばらく、当然ながら貴崎は二条院に逆らって言い争いをした。そして当然ながら言い負かされた。

 お前が変態に身を投じるのは勝手だが自分まで変態扱いされてたまるかと反論すると、これは冬馬に頼まれた事だと二条院が言う。

「あ、それはマジだから」と久遠も言った。

「彼女ってことで学のライブの写真見せたらさー、可愛い可愛いってあんまり褒められるから、野木と成宮に彼女の正体話しちゃったんだよなー」
 話しちゃったんだよなー、ではない。
 そもそも二条院学のライブとは何なのか。怖くて聞けない。
 惚気ける久遠を睨みつける。
 自分も二条院をアイドルと勘違いして浮かれていた事はさておき、成宮が二条院の女装を可愛いと言った事も何だか腹立たしい。

 だがやはりあの悪名高き二条院学に勝てる訳はなく、最終的には授業の出席日数がどうなってもいいのかと脅され、貴崎はワンピースを抱きしめたまま廊下に放り出された。

 言われた通りの部屋へ行き、鏡の前に立つ。
 身体にワンピースをあてがってみる。
 これは笑える。
 やはり自分にはこの一線は超えられないと、また廊下に出た。

 二条院と久遠が待つ部屋へ一度戻ろうとしたが、ドアの隙間から中を覗くと、二人が思いの外いい雰囲気になっている。

 今にもキスしそうな距離で顔を寄せて、声をひそめている。触れないながらも、久遠の腕がさり気なく二条院の背に回る。
「じゃあさぁ、今度俺の部屋来いよ。新しい曲練習するから」
 囁く久遠の横顔に大人の気配が漂う。
 あの俺様メガネがどんな顔してやがるのかと目を凝らしたが、生憎二条院は後ろ姿しか見えない。それでも美少女の流れるように綺麗な背は、弾むように肩を揺らしくすくすと笑ったようだった。

 ちくしょうーー。
 貴崎だって先日大人になったと思い込んでいたのに、部屋の雰囲気にあえなく惨敗。
 ひどく自分が子供のように思えた。
 二人に漂う空気ーー貴崎には分からない大人の駆け引きのような複雑な気配は何だ。数学の因数分解に苦戦している貴崎には到底理解し得ないだろう。

 なぜこんな思いをしなければならないのか。
 ひどい敗北感を覚えながらワンピースを抱き締めて、もと来た部屋に戻る。

 出来ることなら今すぐ冬馬に会いたい。
 頭を撫でてもらって、ぎゅっとして欲しい。
 気を緩めると目頭が熱くなる。

 逃げ帰った部屋で途方に暮れて丸まっていると、ドアが開く音がした。
 廊下を覗くと久遠が「じゃあ後でな」と階段を下りようとしている。

「え、久遠帰んの!?」
 貴崎が飛び出すと二条院が目を細めてこちらを睨んだ。

「お前、まだ着替えてないのか」

 久遠は寄る場所ができたから先に家を出て、待ち合わせの駅には直接集合するという。と言うことは、この家に二条院と二人きりで残される事になる。
 地獄だ。

「ま、まあ……成宮も、楽しみにしてるから、さ」
 久遠は服を抱き締めた貴崎を見て、玄関先で励ますように言った。

 貴崎は人質になった気分で久遠を見送った。




「さっさと着替えろよ、バカ」

 二人きりになるなり二条院は腕を組み、部活動を監視する鬼顧問のごとく貴崎を上から睨みつけた。
 ただし表面上はアイドルのような美少女である。
 現実から逃げるように貴崎は二条院に背を向けた。

「うっさい、変態」
 聞こえないように小声で言うと、二条院は「チビ」と言い返してきた。

「ちょっと恋人ができたくらいで調子乗んな、バカ祐」

「そっちこそ。久遠と手しか繋いでないくせに偉そうにすんな、ばーか、バカ! お子様ー」

「はあ? お前はお子様じゃないのかよ!」

 当然とばかりに貴様が失笑すると、二条院は少し悔しそうに口を尖らせた。いい気見である。
 ざまあみろと勝ち誇っていると、二条院はまた上から目線で話し出した。

「お前、ホントにバカだな。恋人同士なら相手を焦(じ)らせるのは基本中の基本だろ」
「は?」
 相手にすまいと顔を背ける。

「付き合ってすぐに最後までヤったら、速攻マンネリ化するに決まってんだろ。だいたい軽い奴だって思われて、絶対嫌われるぞ、そんなの」
「そ、そんなこと……わかんないだろ!」

「アホめ。俺の言った事が間違ってた試しがあるか? お前は誰のおかげで留年せずにすんでんだよ。俺の抜き打ちテストの予想が外れた事なんてないだろうが!」
 確かにそう言われるとその通りである。
 二条院が貴崎にふっかける無理難題、その災難の見返りに受け取る情報や予想は凄まじい正確さだ。

「でも……俺と冬馬は、特別な絆で……」

「絆とか言うな。お前さあ……、本当に分かってないんだな。相手は成宮だろ? うちの学校だけでファンクラブ何人いるとおもってんだよ」

 さすがに次期生徒会長候補の言葉は重い。
 貴崎が言葉につまり黙りこくると、二条院は意地悪くニヤニヤとして言った。

「そういやバスケ部は来週、強化合宿だろ? どうせ知らないだろうから教えてやるけど、バスケ部のマネージャーの内2人が近々成宮に告るって噂だぞ? 1人は背が高くてモデルのバイトしてる3年の女子。もう1人は、巨乳で社長令嬢の1年」

 実態の分からないファンクラブはともかく、そういった具体的な話は聞いているだけで苦しくなる。
 背が高い、モデルのようなスタイル、巨乳、社長令嬢。
 貴崎は目の前にある姿見に目をやった。
 その噂の女子達にどれか一つでも勝る所があるか。
 背は低いし、スタイルどうこうのレベルではない。男だからもちろん乳は無い。その上家は潔い程の貧乏である。

「ああ、そうそう。翔が俺の写真を見せた時、成宮がすっげー羨ましがってたって知ってるか? こんな可愛い彼女を連れて外を歩けるなんて、夢みたいだねって」

 冬馬がそんなことを。
 貴崎は愕然として、その場にしゃがみ込んだ。

 恋人にして、手を繋いで歩きたい女子。
 周りに自慢したくなる恋人。

 鏡の中を見つめる貴崎に追い打ちをかけるよう、二条院はふと真顔になって、そして哀れむように呟いた。

「お前……、すぐに飽きられて、捨てられちゃうぞ?」




「まあどう見ても貧乳顔だからな。胸は盛らなくていいだろう」

 二条院が手を払いながら立ち上がり、鏡の中をのぞき込んだ。

 貴崎はすがるような思いでもう一度全身を眺め、神妙に二三度頷いた。

「お、思ってたよりは……悪くない、かな」

 か細い声でおびえるように言うと、「当然だ。誰が選んでやった服だと思ってんだ」と二条院が言った。

 胸の辺りまで伸びた手触りの良い髪に指を通す。
 もちろん自分の髪ではない。
 耳から下はウィッグというやつである。

 長い黒髪に白い肌。頬が少し上気しているように見えるのは、生まれて初めて施した化粧のせいか。
 不安そうな表情の小柄な少女が鏡の中からこちらを見ている。

 水が滴るような小さな唇。このグロスといやつがベタベタしていて大変不快。
 挙げ句、まつ毛には石油のような黒いドロドロを塗り付けるという小細工を詐欺まがいに乱用したおかげで、まるで別人のように可愛らしい乙女が完成したーーような気がする。
 二条院によれば、これでもかなり薄化粧だと言う。

 上品な白いワンピースのおかげで、どうにか貧乏神社の息子には見えず、一見育ちの良い大人しいタイプに見える。
 ただやはり履き慣れないスカートは下半身が落ち着かない。
「あのさー、これもっと上まで上げちゃ、どうしてもダメ……?」
「だからスカートの中まで上げたらニーハイソックスの意味がないだろ! 何度も言わせんな、バカ」
「んー……でも、なんかスウスウして気持ちわりい。ってかこのスカートとソックスの間の微妙な隙間が……。これ、いる?」
「そこからちょっとだけ肌が見えんのがいいんだろ」
「よくねえよ……男の太ももチラ見して何が嬉しいんだよ」
 貴崎が泣き言を言うと、二条院は「そう案ずるな。お腹の弱いお前にとっておきのアイテムがある」と誇らしげに言った。

 貴崎の女装が完了すると、次は二条院が着ていく服を選び始めた。
 あれもこれもと袖を通しては、翔はどっちの方が好きかなと切実な顔をして悩む。どちらが可愛いかと一応貴崎に意見を求めておきながら、貴崎の意見を参考にする気配は全く無い。
 久遠は、二条院の本心が分からず、付き合っているかも微妙だと言っていたがーー。なんだよ、両想いかよーー。

「ちょ、ちょっとスカート短くね? どう思う?」
 余裕の無い二条院。
 もうその仕草や表情が完全に片想いの女の子である。
 デートの服装に真剣に悩む変態メガネ野郎を一瞬可愛いと思った自分を貴崎は恥じた。
 とことんウザい奴である。

 二条院の着替えが終わると二人で一階のリビングへ行った。
 家を出るにはまだ早い。

「ほら、おたべ」と出されたアイスを仔犬のようにがっついていると、二条院が「予想以上に上手く出来たな、さすが俺」と貴崎を眺め、自分の手柄を主張した。

「そうだ、祐。お前に一つ頼みがある」

 思い付いたように二条院が言った。
 貴崎のことをすんなりと名前で呼んできた時は要注意だ。

「嫌だ……」

「そう言うな。大した事じゃない。ちゃんとご褒美もあるぞ」

 そう言って二条院は携帯を取り出す。

「嫌だよ、絶対……。お前の頼みは厄介事ばっかだからな、昔から。俺がそれでどんだけ大変な思いしてきたと思ってんだよ」

「だから、そんな大した事じゃないって!」

「絶対ウソだ」

「ウソじゃない」

 貴崎はアイスをぺろぺろやりながら二条院に疑いの眼差しを向けた。
 少し考え悩んだ後ぽつりと聞く。

「ちなみに、褒美って……?」

 美少女は勝ち誇ったように不敵な笑いを浮かべた。




【後書き】
お久しぶりです☆
いつもの悪い癖が……どうしてこの話は1話が長くなっちゃうんでしょう。
出ました。今回も1万字超。
2回に分ける事も考えましたが、ひと月以上間隔あいてるし、ブログは好き勝手しちゃう宣言もしたので、載せちゃいましょう。
読者様の方で2回に分けて読んで頂く、セルフな感じのブログになりますm(_ _;)m

あ、久遠&二条院をもっと知りたい方は『アンドロイドボーイ』をどうぞ。
別に読まなくても今後全く支障ありません☆

さて、ここまで辿り着いてくれた強者、どれくらいいるんでしょうか。
もうふらふらでしょう……なにしろ私も読み返すのが大変だったので。
是非最後の力で拍手をポチっと、『読んだでー』報告を♪
そして長い癖にこんな内容でホントごめんなさい!m(__)m
お読み頂きありがとうございました♪
ではまた次回。

テーマ : 自作BL連載小説 - ジャンル : 小説・文学

転じて吉[第15話]

※内容にはド性描写が含まれますので、成人腐男女以外はご遠慮下さい。

※今後ブログでの1話先行実施により、今回は話数調整のためブログには2話分(7000文字程度)まとめて『明星の』として投稿します。長い文章となってしまい申し訳ありません。
小説家になろうサイトでは今回『明星の(前編)』、次回更新時に『明星の(後編)』として1話ずつの投稿となります。

※今後は全てスマホでの執筆&投稿となります。読み辛い点、誤字脱字多々あるとは思いますがご了承下さい。

宜しければ『続きを読む』から本編へとうぞ


続きを読む »

テーマ : 自作BL連載小説 - ジャンル : 小説・文学

アンドロイドボーイ[最終話]

最終話『アンドロイドボーイ』


「あっ……あのッ!」

 扉に手を伸ばしたところで呼び止められた。

 久遠が振り返ると、二条院は立ち上がり両手を腹の前でもぞもぞとさせ、何やら落ち着かない様子でいる。
 気まずそうに視線を泳がせて、また「あ、あの……」と口ごもった。

「何だよ」

「い、いや……あの。実は、さーー」

 二条院がぼそぼそ語るのを要約すると、つまりこうである。




 あの夜。
 久遠に前科1犯をくれてやった、あの夜。

 二条院は家に帰ると、リビングを素通りして自室に入り、そのままベッドで寝てしまった。
 翌朝。
「お兄ちゃん、起きて」
 妹・美優の、いやに落ち着いた声で目が覚めたという。

 妹が部屋へ起しに来てくれるなんて何年ぶりだろうと、二条院は少なからず浮かれた。
 しかし眼鏡をかけるなり、二条院は起き上がるのもやっとという腰痛を忘れ、ベッドの上で後退った。

 なぜなら妹は、祖母愛用の超高級高枝切りバサミをこちらに向けて立っていたからだ。

 どんな強固な枝でも一太刀(ひとたち)と名高い鋭い刃先が、朝の光を反射して艶めかしくきらめいている。その輝きたるや、さぞかし多くの樹液滴る隆々とした大枝を容赦無く一太刀にしてきたに違いないと二条院は直感した。

 妹の表情は誕生日ケーキにナイフを入れる時同様、目は座って冷徹そのもの。標的をしとめる時の必殺仕事人の顔である。

 そして何よりも、隙一つ無い威風堂々とした武将のような構え。
 これはまさか二条院家の女性に代々伝わると聞く、二条院流なぎなた術の秘技『熊えぐり』の構えではないだろうかと二条院は思った。

 妹は静かな声でゆっくりと言った。
「お兄ちゃん。どういうつもり?」

「……え?」と二条院が可能な限り穏やかに返すと、超高級高枝切りバサミがズドンっと顔の前に猛進してきたので、二条院は驚いてベッドから転げ落ちた。

「どういうつもりですかって、聞いてるの。
 どうして久遠さんに、自分の想いを伝えないの?」

「えッ!? あ、ああ……その話。その話か。それはまあ……いろいろとあって、ちゃんと決着がついてるから……。美優が心配する事は何も……。あ、そもそもお兄ちゃんは男なんて好きにならないし、あれは美優の勘違ッッ……ぅわッ! ちッ……ちょっ、美優! お、落ち着けッ……!!」

 二条院は生きた心地がしなかった。
 目の前の高枝切りバサミが威嚇するようにベッドフレームをかん高く一撃して鋭い爪痕を残し、そして次はお前だと言わんばかりに二条院の喉元にひたりとくっついた。

「私をバカにするのも大概にしろぉッ!!」

 美優はド迫力の声でそう叫び、ひしと凶器を構えた。

「これ以上私をコケにして、つまらない嘘でのさばるつもりなら、今後一切お兄ちゃんとは口をききません!」

 キッパリと言い放った後、「そんな奴、もうお兄ちゃんじゃない」と小さく付け加えた。

「そ、そんなッ! 美優!」

「それが嫌なら、久遠さんにちゃんと想いを伝えて」

「いや、でも……それはーー」

「ええいッ! 往生際が悪いっ! 好きで好きで仕方ありませんと、ハッキリ言えッ!!」

 大きなハサミがいよいよ血に飢えた様子で、両手を上げる二条院の喉元でヂョギンと吠えた。

「わ、わかったよ……」

 二条院が小さく言うと、美優は満足したようにニンマリと笑い、高枝切りバサミを鬼のようにズトンと体の横に立てた。
 かくして裁きは下された。

「分かれば宜しい」
 腰に手をやり母親の口癖で話を締める美優。
 二条院は気付かないうちに正座をしていた。

「ご、ご心配を、お掛けしました……」

 初めて妹に敬語を使ったという。




 以上が二条院 学に起きた災難の一部始終である。

 悪名高い俺様メガネが正座で妹に頭を下げたとは、なかなか痛快である。

 二条院の隣に腰を下ろし肘をついて話を聞いていた久遠は笑いを堪えながら、突っ立ったままの二条院を見上げた。

 当の本人はいたって真面目で、困った表情のまま力無く座り込む。
 愛する妹に絶縁を言い渡されそうになるとは一大事であったのだろう。顔色が悪い。

 口元に手をやり何か言いたげな二条院の言葉をしばらく待っていたら、結局どちらから話す事もなく、静かな時間が多く流れてしまった。

 夕刻の屋上は相変わらず寒い。冷たい風が校庭にある木立を揺らして夜を呼んでいる。
 落ち葉が転がっていく乾いた音を聞きながら、久遠はぼうっとしていた。

 隣を見ると二条院もまた、立て膝の上で両腕に顔をうずめ遠くを眺めている。

 携帯の振動音。

 後ろポケットに手を伸ばそうとしたが、久遠の携帯は大人しい。

 二条院がポケットに手を突っ込んで振動を止めた。

「生徒会か?」
 久遠がぽつりと聞くと、二条院は顔を半分隠したまま微かに頷いた。

「相変わらず忙しそうだな」
 俺様メガネは何も言わず、眉をひそめて思い悩むような顔をしていた。
 そのまましばらく動こうとしなかった。

「行かなくていいのか?」

 久遠が聞くと二条院は思い切ったように大きな溜め息を吐き、カバンの中から何かを取り出した。
 2枚ある紙切れのような物を1枚久遠に差し出す。
 そして口を尖らせじっと前方を見つめたまま「やる」と言った。

「なにこれ。映画のチケット?」

「生徒会の没収品だ。捨てるのは、気が引けるから……」

「映画のチケットって、見つかったら没収されんの?」

 すると二条院はぷいと向こうをむき「いらないなら返せ」と手を出した。

「いや、まあ貰っとく。見たかった映画だし……」

「……も、もしよかったら……次の日曜にでも、一緒にーー」

「え、次の、日曜……?」

「むッ、無理ならいい!」
 急にお見合いみたいなギクシャクした空気になったのは気のせいか。

「日曜、昼過ぎからなら空いてる。昼頃ちょっとライブハウスに寄るつもりだからさ」

「ライブハウス……?」

「ああ、うん。この間のライブハウスな。久しぶりにドラムの様子でも見に行こうかと思ってさ」

「また始めるのか? バンド」
 二条院が驚いた様子でこちらを見た。

「いや、別にそういう訳じゃねえけど。あそこのドラムセット、古くてあんまり練習で使う奴いねえからさ……。錆び付かせんのも、なんかな……」

「あの……」

「何だよ」

「……俺も、一緒に行っていいか? 邪魔、しないから」

「別に、いいけど。でも退屈だぞ? たぶん俺、掃除とかしだすし」

 それでもいいと二条院が言い張るので、日曜の昼に会う約束をした。

「じゃあ日曜」と二条院は立ち上がった。

「あっ、おい」
 久遠が細い手首を捕まえる。

 二条院は不思議そうに振り返った。

「あれ、いいのか?」

「あれ?」と二条院は目を細めた。

「ほら、好きで好きで仕方ありませんって、俺に言わなくて、いいのか?」

 久遠が言うと、「お前、楽しそうだな」と二条院は言った。
 それから久遠の手を振り払って「誰が言うか! そんなこと」と怒りながら歩いて行った。

 久遠がにやにやしながら後ろ姿を眺めていると、二条院が立ち止まる。

 そして振り向いたかと思えば、いつか見た様にこちらをズバシと指差した。

「 狙った獲物は逃がさない!
 既にお前のハートは私のものだ!! 」

 高校生にもなってどうしてそんな恥ずかしい事を大声で叫べるのだろうと、そういえばあの時も久遠は思った。

 たださすがと言うべきか、超絶美少女アンドロイドは有言実行なのである。
 久遠 翔はアンドロイドなるものの実力を知り、気が付けばまんまとハマっていた。

 ― もう一度ドキドキさせてあげちゃう
 アンドロイド キス
 とびきりのスリルでーー

 サビの歌い出しは確かそんなだったか。

 視線を釘付けにして歩いて行ったアンドロイドが扉の前でちらりと振り返る。

 そしてしびれる微笑み一つで、狙った獲物を悩殺。

 既にハートは、奴のものである。




          ーー完ーー




【後書き】
ふぃ〜やっと終わりましたぜ。
長々とここまでお読み下さった方、本当にありがとうございます。
そして微妙な終わり方でホントごめんなさいm(_ _;)m

ただ……! ただ…、女装君が欲しかった!
ただそれだけなんです。
女装キャラが欲しいばかっかりに前作のスピンオフくらいの軽い気持ちで書き始めたのが……まさか30話近くなって、今年も終わっちゃう時期になるとはね。

誰も信じてくれないでしょうが、私はこれを8話くらいで終らすつもりだった。相当キテるな、自分。今回改めて自覚しました。

軽い気持ちで書き始めたから内容もそれほど作り込んでなくて、逆に書いてて苦しい部分もありいの。
裏設定やエピソードのメモを怠ったため、あれ書こう!と思ってた事をいっぱい書き忘れたなど、毎度課題は山積みです。何より読んでる方からしたら「?」のまま終っていった部分が多くて迷惑極まりない事でしょう。ホントにすみません。

収穫は、スマホで執筆するスタイルがつかめた事かな♪

ということで、次の新作が決まるまで「転じて吉」がまたダラダラと続いてしまいそう^^; 
やっと手に入れた女装君を使って何をさせてしまうのか……私。
アンドロイドボーイの2人の行く末も「転じて吉」の方で☆

ってか、すごいとこで止まってんな前作。
クリスマス?年末?正月?たまにはイベントに乗じて更新してみたいもんです(´д⊂)‥ハゥ

改めて「アンドロイドボーイ」お読み頂きありがとうございました♪
では。

(追記)
U様〜♪お久しぶりです♪
BL解禁の一番手に選んで頂きまして、もうホント恐縮です(汗)
遊びに来て頂いていきなり完結しましたが大丈夫だったでしょか……。
またよろしければお寄り下さい♪

テーマ : 自作BL連載小説 - ジャンル : 小説・文学

アンドロイドボーイ[第28話]

第28話『黒髪メガネ』


 とりあえず登校してはみたものの、錆び付いたように重たい心と身体を教室まで引きずる気力も無く、寒空の屋上で死体のように転がっていたら夕刻になってしまった。

 希望の欠片一つない、月曜の夕暮れである。

 旧校舎の屋上に向かう途中、珍しく人に出くわした。
 確か椎名という若い教師である。

 そいつは久遠とすれ違うなり足を止め「おい」と呼びかけてきた。
 久遠が振り返ると、二日酔いのような徹夜明けのような教師らしからぬ面持ちでぽつんと言った。

「誰、お前」

 久遠は一瞬言葉を失ったが「久遠、ですけど……」と小さく呟いた。
 ところが相手の教師が何の反応も示さないので、小さく「2年B組の」と嫌々付け足した。

 するとその若い教師は、確実に納得していないと断言できるいぶかしげな顔のまま、何も言わずに歩いて行った。 

 それから屋上で時間を持て余した。
 カバンの中を探ってみると、ずっと読みかけのまま放ってあった小説を発見したので、久し振りに開いてみる。
 世間では敬遠されがちな純文学というジャンルが、実は久遠の数少ない心の友である。
「エロ本の方がまだマシ」と妹に言われて以来、こっそり逢瀬を重ねるように読みふけっていたが、最近は読書をする気力さえ無くしていた。

 あまりにもその小さな文庫本にのめり込んでいたので、階段を上ってくる靴音さえ聞き逃していた。

 突如屋上の扉が勢いよく開いたので久遠は驚き、その拍子に手から本が滑り落ちた。

 扉から入って来た人物も先客を予想していなかったのか、驚いて足を止めた。
 それから幽霊を見たような表情でこちらを凝視した。

 しばらくして「出会い頭のドッキリをやめろと言ったのは、お前の方じゃなかったのか……」と、二条院 学は目を細めた。

「別にお前を驚かせるために、こうなった訳じゃねえ」
 さすがに視線を合わせるのは気まずく、久遠が顔を背けてバツ悪く言うと、二条院はこちらに歩きながらフンと鼻をならし「まったく……誰かと思った」とブツブツ言った。

「誰かさんにくらった一撃のせいで、コンタクトにドクターストップがかかった」
 そう言って久遠は鼻に手をやり、眼鏡をくいと上げた。

「ああ、それはお前が美少女アンドロイドみゆゆに鉄パイプで殴られて、前科1犯の罪を犯したあの夜の事か?」
 二条院は皮肉を言って、久遠の隣に腰を下ろした。

 さて、その前科1犯のあの夜である。
 家に帰ってみると鉄パイプの一撃を受けた左腕と米上が思いの外痛む。その日は風呂にも入らず寝て、次の日の朝シャワーを浴びて出てくると、一度外したコンタクトレンズがどう言う訳か痛くて入らない。
 鏡を覗き込むと、左眼が充血している。

 休みの日に開いている眼科を探して行ってみると、診察室に入るなり、しばらくコンタクト禁止という診断が下された。

 仕方なく手持ちの黒縁メガネをかけていると、そんな時に限って妹二人が絡んで来やがる。

「あら翔ちゃん、どうしたの? その眼鏡。金髪に黒縁メガネで更にピアスだなんて、あなたお母さんをバカにしているの? 何でもやると決めたらトコトンやり抜く! 中途半端はお母さん一番嫌いですよ? 金髪に黒縁の眼鏡をかけるくらいなら、首にヘビを巻いて歩きなさいな。オホホホ」
 これは母の真似である。
 怒っているのか馬鹿にしているのか分からない喋り方がそっくりだ。
 どこまで本気か分からない事をいつも言って、実はどこまでも本気という恐怖の女である。

 するともう一人の妹が「おや、ちょうど良かったお客さん! 只今わたくし絶賛、美容師志望中でして、今ならお安くしておきますよ!」ときた。
「あらぁ、ちょうど良かった! うちのボンクラ変態息子、お願いしますわ! ほらぁ、年頃の超可愛い天使のような双子の妹がいますでしょう? 万が一、息子のせいで近所でバカにされたら大変ざましょ」
「いやぁ、さすが久遠さんとこの奥様! 分かってらっしゃる! わたくしめに万事お任せあれぇぇ!」
 妹二人は寸劇を披露し、手にはいつの間にか市販のヘアカラーの箱をカタカタいわせている。

 こうなると止めても無駄。妹達の悪乗りを放っておくくらい、二条院の我慢に比べれば他愛ないと覚悟を決めた。

 妹共はこうでも無い、ああでも無い、あっしまった、まいっか、やばくね、マジめんどい、髪死ねなどと連呼しながら久遠の髪をやりたい放題して、あげく傷心の兄からお守り代わりの一万円札を略奪して去って行った。
 まさか一万の大台を要求してくるとは思ってもみなかったので、久遠も相当抵抗したが「首にヘビを巻かなくて済むのは誰のおかげだ」と一喝された。ただの悪徳業者である。消費者センターにお世話になる日も近い。

 結果、久遠は黒髪に黒縁メガネという葬式仕様に変身した。
 一度鏡を覗いたが、ゾッとする程冴えない男が写っていたのですぐに見るのをやめて、ピアスも全て外した。
 それ以来、一度も鏡を見ていない。

 そういう訳で、すれ違った教師や二条院が驚くのも無理はない。

 久遠は数え切れない程吐いた溜め息を、また深く重ねた。

 二条院を見ると、下を向いて何かをじっと眺めている。その視線を追い、久遠はハッとして文庫本を拾い上げ、隠すようにしまった。
 そそくさとカバンを肩に掛けて立ち上がる。

「ぁ……どこ行くんだよ」と二条院が口走った。

「どこって。帰んだよ」
 振り返ると、もろに真正面から視線が合ってしまい、久遠はうっと息をのむ。

 少しうろたえた様子でこちらを見上げる二条院。
 それは紛れもなく悪名高い俺様メガネのはずなのだが、こうやって見ると、間違いなく美少女アンドロイドみゆゆでもある。
 抜群に好みの顔。容赦無い可愛さ。
 二条院が眼鏡を外した時にだけ感じていたときめきを、眼鏡装着時にも感じてしまうとは、我ながら深手を負った。

 いつも教室で見ている俺様メガネは、二条院 学のほんの一部分でしかない。あの眼鏡レンズの裏にどれだけの秘密が詰まっているのか、久遠は少しだけ垣間見てしまった。

 別にアイドルが好きな訳では無い。
 沢山の秘密の底に隠された、俺様メガネでも無い、美少女アンドロイドでも無い、美優の堅実な兄でも無い、ただの素の二条院 学に惹かれた。
 しかしそれに手を伸ばすには、あまりにも身の程を知らなさ過ぎたのかもしれないと久遠は思う。

 二条院の白い首筋に目がいき、どくりと血がざわめいた。
 一緒にいることで、これ以上二条院を傷付けるのも犯罪者になるのもごめんだ。

「学……」
 ぼんやりと口にしたが、この名を呼ぶのも最後だろう。

「この間の夜のことは……本当に、悪かったと思ってる。
 取り返しのつかない事をしたし、謝って許してもらえるとも思ってない……ただーー」

 顔を上げると二条院は僅かに苦しそうな顔をしていた。
 これ以上は聞きたくないという辛そうな表情。

「ただ俺は……お前のことが、本気で……好き、なんだ……」

 久遠は言葉を切って、肩の力を抜いた。
「ま、お前は無意味だって笑うかもしれないけど……。あの時はちゃんと言えなかったし、最後だから一応気持ちは伝えとく」

「じゃあな」と言って、久遠はまた背を向け歩き出した。

 やはり、ことごとく救いようの無い、月曜の夕暮れである。




【後書き】 ああ、だめだ!
やっぱり長すぎるので二話に切ります(T_T)
せっかく今回完結出来ると思ってたのに……すみません。
次回完結〜^^;
期待せずにお待ちあれm(_ _;)m

テーマ : 自作BL連載小説 - ジャンル : 小説・文学

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪れ人様
覗き人様
現在の閲覧者数:
小説
最新中毒記事
最新コメント
りんく (☆→R指定なし ★→R指定あり)
らんきんぐ↓
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
めーるふぉーむ




検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。